スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ADC】SNRについて③ (SNRとSFDRの関係)

「SNRについて」のつづき。 SFDRとの関係についても。

下図は、入力信号とサンプリング周波数の相関有無による
スペクトラムの変化について示している。

zu2.png

相関関係(互いの周波数比)によって、
量子化ノイズに影響を及ぼすことで、スペクトラムが変化している様子。
(これは、ディザ信号を付与するメリットを示唆している)

ここで、なぜSNRよりSFDRが小さいのか?(SNR<SFDR)
これは、いままで見てきた通り、SNRがナイキスト”全域”における
量子化ノイズで算出されていることによる。

これに対して、SFDRは、最大スプリアスとの比率。
スプリアスなので、なにかしら帯域をもっており、
”帯域内”の電力から算出されている。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
①ADC評価などで入力信号に単一正弦波を使用するときは、
サンプリング周波数と整数倍比率とならないようにすること。

②SFDRは、ある帯域をもつスプリアスとの比率。
それに対して、SNRはナイキスト全域における量子化ノイズ
から算出した比率。
よって、SNR < SFDR と一般的になる。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。